「永久脱毛は体に悪い」って本当?

悩む女の子

永久脱毛は体に悪いと思っている人が少なからずいるそうです。日本は儒教の国ですから、親からもらった身体にどんな形でさえ手を加えるのはよくないことだというイメージがあるためでしょう。

医療レーザー脱毛、エステサロンが行うフラッシュ脱毛、ニードル脱毛(電気針脱毛)などなど、脱毛にはさまざまな手法が存在していますが、いずれにしてもお肌に負担をかける行為に違いはありません。

そうした理由から、永久脱毛は身体に悪いと思ってしまう人が出るのも無理はないんじゃないかと思います。過去には、不適切な施術で大怪我を負ってしまった事例も存在しました。

では、本当に永久脱毛は身体に悪いのでしょうか。

一切脱毛や剃毛をしないのに比べれば身体に悪い

見出しで結論を言ってしまったのですが、もしあなたが今後一切ムダ毛の処理をしないのであれば、永久脱毛をするのはおすすめしません。というか、そんな人は永久脱毛をしようとはそもそも考えませんね(^^;

永久脱毛がお肌の健康を害するという一方で、永久脱毛をした方が肌荒れなどを抑えられると主張する人もいます。一体どちらが正しいのでしょうか。

じつは、どちらも正しいし、程度の問題といえるんです。

お肌の健康のことを一番に考えるのであれば、脱毛や剃毛は一切しない方がいいに決まっています。抜くのも剃るのも動物として自然な行為ではなく、どちらも同様に肌を傷つける行為でしかないんですから。

でも、現実問題として脱毛や剃毛を一切せずに過ごせる女性は少数派でしょう。肌への負担と美しさを天秤にかけて、脱毛や剃毛といった手段を選んでいるだけなんです。

では、一生を通じて脱毛・剃毛を繰り返すのと、一時的に肌へ負担をかける永久脱毛とでは、どちらの方が生涯で負うダメージが大きいでしょうか?

これについては個人差があるので一概に言い切ることはできませんが、少なくとも毛深さに悩んでいるような人は永久脱毛をしてしまった方が肌への負担が少なくできるのではと私は思います。

もし、この記事を読んでいるあなたが、脱毛や剃毛を繰り返した箇所の黒ずみや肌荒れが気になってきているのだとすれば、一度専門のクリニック(美容外科や美容皮膚科)に相談をされた方がよいと思います。日々のムダ毛の処理が思った以上にお肌へダメージを与える原因となっていることは少ないないそうです。

以下におすすめのクリニックについての記事をまとめています。よかったら参考にしてください。

おすすめ脱毛クリニック | 永久脱毛研究ブログ

Top