永久脱毛の種類

一般に「永久脱毛」と呼ばれるものは3つの種類に分けられます。レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛の3種なのですが、まず気をつけていただきたいのは、いずれも効果が「半永久」であるということです。

「永久脱毛なのに半永久ってどういうこと?」

と疑問に思われるのは当然なのですが、永久脱毛には効果が持続する期間に限りがあるんです。個人差があるために必ずしも一概には言えないのですが、数年を経て少しずつ体毛が戻ってくることが多いようです。

日本において「永久脱毛」の明確な定義は見当たらないのですが、脱毛の歴史を長く持つ米国の専門団体の定義としては「処理が完了して1ヶ月後の再生率が20%以下」だそうです。ちょっとわかりづらいですが、つまり100本の体毛に対して永久脱毛をしていたとしたら、ひと月後に再び生えていた毛が20本以下であれば「永久脱毛」と言えるということですね。

さて、そんな永久脱毛の手法それぞれにについて簡単に説明をしていきます。詳細な説明は長くなりますので、別記事に分けてご紹介しますね。

レーザー脱毛について

いまもっとも注目をされている脱毛手法といえるでしょう。高出力のレーザーを照射し、毛根(毛母細胞・毛乳頭)を破壊して除毛します。痛みが少なく、医療機関のみでの対応なので安心して施術を受けられるでしょう。

デメリットとしては色の薄い毛や産毛には効果を発揮しにくい点が挙げられます。

フラッシュ脱毛について

フラッシュ脱毛の原理も基本的にはレーザー脱毛と同じですが、こちらは医療機関でなくても扱えるため、エステサロンなどでも施術を受けることができます。また、家庭用の脱毛器としても販売されています。

少し難しい話になりますが、レーザーに比べると位相の揃わない光を発するため、脱毛効果を増そうと高い出力で照射すると肌までダメージを受けてしまうことがありますので、フラッシュ脱毛を受ける場合には信頼できるサロンや器具を選びましょう。

ニードル脱毛について

毛穴に針を指し、微弱な電流を流して毛根を破壊する施術です。永久脱毛の効果が非常に高いのがメリットですが、反面、非常に細かな手作業となるため、料金が高くなりやすく、また施術者の技量によって効果やトラブルの発生率が大きく変わってしまうのが難点です。また、他の脱毛手法に比べて痛みも大きいと言われています。

ニードル脱毛を受ける場合には、十分な予算を用意した上で、信頼できる医院やサロンを探すことをオススメします。

Top