VIOを永久脱毛するメリットまとめ

VIO永久脱毛(ハイジニーナ)

日本では女性の陰部にまつわる話というとどうしても抵抗感があります。最近、女性器をモチーフにした作品を発表していたろくでなし子さんという方が警察に逮捕されていましたが、やはりタブー意識が強いのでしょうか。彼女の作品はかわいらしくて、とても卑猥なものには見えなかったのですが。

そんな日本に対して、欧米では状況がかなり異なるようです。衛生面や美容の観点からVIOの脱毛はかなり一般化しつつあり、ヨーロッパや南米の一部の国では子どもの18歳の誕生日にVIOの永久脱毛をプレゼントすることもあるとか。VIOを永久脱毛した状態を指す言葉であるハイジニーナの由来は「衛生」を意味する「hygiene」なのだそうです。

いくら気を配っても、陰部の体毛はオリモノや排泄物などで汚れがちです。デリケートな部分ですから、本当ならなるべく清潔に保っておきたいものですよね。

VIO永久脱毛(ハイジニーナ)のメリット

デリケートゾーンを清潔に保てる以外にも、VIOラインの永久脱毛にはさまざまなメリットがあります。以下に思いつきものを上げていってみますね。私が感じていることや、同じく永久脱毛をした友人の意見などからまとめています。

  1. きれいな形に整えられる
  2. 涼しい
  3. 剃毛と違って生えはじめのチクチクがない
  4. 温泉や海水浴に行くときに気後れしない
  5. 処理が不要で手間いらず
  6. 処理にともなう肌荒れが防げる
  7. 黒ずみ、ボツボツがなくなり肌がきれいなる

VIO永久脱毛(ハイジニーナ)に誤解と真実

VIOの永久脱毛は医療機関でのレーザーや、エステでのフラッシュといった光脱毛で考えている人が多いと思います。そんな中でも、よく質問される2つのことを説明します。

まずはひとつめです。

「ハイジニーナって完全に無毛にしちゃうことでしょ? さすがにそれは恥ずかしいんだけど……」

これは誤解です。施術を受ける際には毛を残したい部分を決められますし、完全に無毛にするのではなく薄くするように調整もできます。

次にふたつめ。

「VIOのレーザー脱毛ってものすごく痛いんでしょ?!」

うーん、これについては人それぞれとしか言いようがありません。私はせいぜい「引っ張った輪ゴムをぴしぴし当てられるくらいの痛み」しか感じませんでしたが、人によっては耐え難い痛みに感じれるかもしれません。痛みの感覚は一律ではないので、よほど痛みに弱いという方はやめておいた方がいいのかもしれません。

あと、最近では痛みを抑えて効果的に脱毛効果を発揮する医療レーザー機器も登場しています。脱毛を受けるクリニックやサロンを選ぶ際には、そこがどんな機器を使っているのか確認してみるのもよいですね。

Top